May 23, 2019

2019年6月インド占星術鑑定予約可能日時

2019年6月の鑑定予約可能な日時は下記のとおりです。個人レッスンも承ります。

 

2019年6月 (5月23日更新)

 

6月5日(水)午後6時以降

 

6月6日(木)午後6時以降

 

6月12日(水)午後6時以降

6月13日(木)午後6時以降

 

6月16日 (日) インド占星術初級基礎講座6回目開催予定

 

6月19日(水)午後6時以降

6月20日(木)午後6時以降

6月21日(金)午後6時以降

 

6月23日 (日) インド占星術ホロスコープ読みの講座開催予定

6月26日(水)午後6時以降

6月27日(木)午後6時以降

 

6月28日(金)午後6時以降

6月29日(土)午後、夕方、夜間

6月30日(日)午後、夕方、夜間

※電話鑑定、スカイプ鑑定、ライン鑑定ご希望の方は上記の時間帯に加え夜間でもOKです。
----------------------------------
ご希望の日時をお知らせください。

 

インド占星術鑑定のご案内はこちらです。
お申込みはこちらのアドレスまで。
jyotish@mbe.nifty.com

 

鑑定のお申し込みをお待ちしています

 

20190504_031545854_ios
植物園の緑です!

| | Comments (2)

May 19, 2019

深い情的なものを秘めた蠍座満月

2019年5月19日6時11分 蠍座で満月です。

20190519fm
満月図

蠍座、ナクシャトラはアヌラーダでの満月、アヌラーダのシンボルは蓮の花、友愛の神ミトラ神が支配神であり、周囲の人や友人知人に情を傾ける優しさや深い愛情を意味すると同時に障害や試練を乗り越える力、忍耐強く努力を重ねていく粘り強さを象徴します。

ナクシャトラの支配星は土星、水のサインである蠍座ということで深さと重厚さを併せ持つナクシャトラです。

太陽は牡牛座であり、水星がちょうど牡牛座入室したタイミングでの満月、月は逆行する木星とコンジャンクトし、吉星の影響が感じられる、深さと安定をもたらす満月の様相ですね。

ただ、この満月は減衰ポイントに近いので、見えないものに引きずられるような不安定な要素もあり、嫉妬や恨みなどネガティブな感情にとらわれがちな点もあります。

本日は「インド占星術初級基礎講座」5回目でした。

インド占星術の歴史や概要に始まり、星座、惑星、ハウスを経て、前回と今回は絡みです。
惑星とハウスの絡み、ハウスと支配星の絡み、惑星同士の絡みなどなど、色んな側面から多面的に観ていくというのがインド占星術のリーディングであり、目指すところなんですが、その要素を学んでいます。

ご自分のチャート、サンプルのチャート、首相や占星術家、聖者のチャートなど色んなチャートに当てはめて観てきています。

そして、ホロスコープ読みの会で身近な人でも確認してみます。

私がインド占星術を学びはじめのころ、身近な人にサンプルになってもらって観させてもらったことを思い出します。

当時、娘たちが小学生だったので娘のお友達のチャートを色々観たなぁ…と感慨深いです。
その友人たちも今年社会人、来年社会人になるのでホント月日が経つのは早いものです。

20190517_140301118_ios

5月17日、満月に近づく月

| | Comments (0)

May 17, 2019

南インド料理店にて

ヒーラーの友人 Shanti Shantiさんと南インド料理屋にて語り合いました。

20190517_092151256_ios

お皿からはみだす巨大なドーサ

20190517_092156104_ios

これはかなり辛い…

インド占星術を10年以上学び続け、講座や鑑定も頻繁に行っているせいか、インド占星術的な思考にどっぷりになってしまっているのでしょうね、自己分析するにもやはりインド占星術のチャート&ダシャーで自己分析、理屈で考えてしまうのが抜けない癖になっている、そんな自分で自己完結してしまっている私。

この日は色々もやもやすることをあれこれと話し続け、話し続け、相談を持ち掛けたりしたのですが、どうもインド占星術の枠だけでなく、世間一般の常識、こうあらねばならない、こうすべきである、といった思考にもとらわれていたということに気づかされ、目からうろこでした。

たまに全く違う視点からのアプローチで自分を客観視👀するのって大事だなぁって思いました。

 このどうも常識や道徳心にとらわれてしまうのは…きっと木星の影響でしょうね。強い木星がケンドラ、トリコーナハウスに影響しているとどうしても道を踏み外せない、道からそれることが出来ない、自ら枠をはめ、それにとらわれてしまうといったところにはまりがち、これがグルチャンダラヨガを持ってたりすると平気で外すってことができるのでしょうね~もしくはカーマハウスへの木星の影響も。

てなことをまた考えてしまうってところがまたインド占星術の思考にとらわれてるってことなんでしょうね(-_-;)

 Shanti ShantiさんのHP:https://gajyuhouse.jimdo.com/

| | Comments (0)

May 16, 2019

2019年5月インド占星術鑑定予約可能日時

2019年5月の鑑定予約可能な日時は下記のとおりです。個人レッスンも承ります。

 

2019年5月 (5月16日更新)

 

5月1日(水) 午後13時30分~、午後5時以降

5月2日(木)  午後、夕方、夜

5月3日(金)  午後、夕方、夜

5月4日(土)  午後、夕方、夜

5月8日(水)  夕方6時以降

5月9日(木)  夕方6時以降

5月11日(土) 10時~インド占星術基礎講座個人レッスン

5月12日(日)  インド占星術初級基礎ジェイミニ2回目開催予定

5月15日(水)  夕方6時以降

5月16日(木)  午後、夕方

5月17日(金)  夕方6時以降

5月19日(日) インド占星術初級基礎講座5回目開催予定

5月22日(水)  夕方6時以降

5月23日(木)  夕方6時以降

5月24日(金)  夕方6時以降

5月26日(日) インド占星術ホロスコープ読みの講座開催予定

5月29日(水)  夕方6時以降

5月30日(木)  夕方6時以降

5月31日(金)  夕方6時以降

※電話鑑定、スカイプ鑑定、ライン鑑定ご希望の方は上記の時間帯に加え夜間でもOKです。
※5月の鑑定受付は終了いたしました。
多くのご依頼をいただきましてありがとうございます。
鑑定ご希望の方は6月以降にてご検討ください。
----------------------------------
ご希望の日時をお知らせください。
インド占星術鑑定のご案内はこちらです。
お申込みはこちらのアドレスまで。
jyotish@mbe.nifty.com
鑑定のお申し込みをお待ちしています

 

Img_4472
九段下のグランドパレスのロビーの花

| | Comments (5)

May 07, 2019

【2019年4月・5月・6月開催】インド占星術ホロスコープ読み講座のご案内

初級者向けのホロスコープ読みの講座を開催いたします。

ホロスコープ読み講座のテーマは「基本事項を確認しながらハウスを読み解く」というものです。
一回完結の講座になります。

日時:4月29日(月)13時30分~16時30分:終了しました。
日時:5月26日(日)13時30分~16時30分:募集中です!
日時:6月23日(日)13時30分~16時30分:募集中です!

場所はいずれも文京区の会議室を予定しています。
料金:メールにてご連絡します。(今までと同額)

ご参加ご希望の方はご自分でもいいしご友人、ご家族、知人などでもOKですので、読みたいチャートをご提示ください。
ご参加のみの方も大歓迎です。
 
この講座はインド占星術の鑑定の手順に則って、基礎を確認しながら実際にホロスコープを読んでみよう!という講座です。
手順を追って基礎をおさらいしながら進めて行こうと思っています。

インド占星術に興味があってネットで色々調べている、独学で勉強中、どちらかでレッスン受講中の方も大歓迎、習い始めて日の浅い方のご参加お待ちしています。

ご参加希望の方は下記メールよりお申し込みください。

アドレス: jyotish@mbe.nifty.com

件名:インド占星術ホロスコープ読み講座〇月△日参加希望

本文:お申込者ご自身のお名前
読みたいホロスコープの方のお名前(匿名でも可)、男女、生年月日、出生時間、出生地
ご質問:聞いてみたいこと、ホロスコープから読み取ってみたいことなどなんでもOK

※出生時間に関しましては母子手帳等でご確認いただき正確な時間をお書きください。
もし母子手帳等見当たらない場合は大体のお時間を記入してください。その場合はその旨お書きください。

例:吉野まゆ 女 2017年3月3日3時33分(母子手帳確認) 東京都世田谷区生まれ 
こんな感じで書いてください!

皆さまのご参加お待ちしております✨

| | Comments (0)

May 05, 2019

令和元年、始まりとともに牡羊座新月🌑

2019年5月5日7時46分 牡羊座で新月🌑です。

Img_4517

新月図

10連休も終わりに近づく5月5日令和始まって最初の新月です。

牡羊座、ナクシャトラはバラニーでの新月です。

バラニーはアシュビニーから始まるナクシャトラの二番目のナクシャトラであり、移動→運搬をあらわします。
牡羊座であり、火のサイン、12星座の始まりでありまさに新たな時代の始まりにふさわしい新月図ですね。

昭和から平成、そして令和へ。

正義感や真理の追求、規律正しさ、勤勉さなど厳しくも高潔な魂を持つナクシャトラです。

ナクシャトラの支配星は金星、恋愛や情熱、新たなものの創造などもあらわす新月です。

この新月図ではラグナは双子座ですので、7室対人や外交の軸がラーフ、ケートゥ、火星、土星の影響が及ぶため、外交や提携先やビジネスパートナーとの関係、お付き合いに関しては要注意な面がありますね。ただ、10室には高揚点に近づく無傷の金星がトランジットしており、新年にふさわしい華やかな雰囲気を醸し出しています✨

4月11日から木星が逆行(8/11まで)しており、4月30日からは土星も逆行(9/18まで) 、二大惑星が逆行しますのでスピードは緩め、令和が始まりましたが、あまり先を急がず、のんびりモードでいくといいでしょう。

皆さま、10連休いかがお過ごしでしたか?

私は前半はインド占星術ホロスコープ読み講座を開催したり、鑑定を行っていたり、講座の準備、学習に充てました。そうそう、カナダからTさんが来日されて、恋人、娘さんにもお目にかかりました💕

いくつになっても出会いや恋愛の可能性はあるんだって思うとこれからの人生に楽しみやワクワク感がありますね。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。

ヨガジャーナルオンライン

| | Comments (0)

May 02, 2019

アガスティアの葉の結果②SHANTHI KHANDAM&DEEKSHA KHANDAM

南インド、カンチープラムの下記アガスティアの館にて検索し、出てきた葉による鑑定結果、その②です。カルマの章と処方の章、これらはぜひに開くべきと奨められて開いた章です。

ここから、アガスティアの葉鑑定結果の続きです。

まず(a)前世のカルマの章

シバ神にお祈りをした後で、聖者アガスティアはあなたのプージャについて話す。

あなたの月のサインは〇、あなたの名前は△、父の名前は□、母の名前は▽、夫の名前は×。

あなたはこの世に生まれた、それはLast Birthだ。あなたは幸せに暮らしている、しかしあなたの持つエゴによって親戚や年配の人たちとの問題が生じる。あなたは他人の財産を奪ったり、そのほかの罪深い行いを前世で行った。

その罪深い行いのためにいくつかの仕事上の問題が生じている、慌ただしい仕事、人生においての落胆、隣人とのトラブル、誰かがあなたの人生において間接的に問題をもたらす。家族にもいくつかの問題がある、病気の危険性もある。

これらの多くの問題を避けるためには以下のプージャを行うと良い。

1.ランプをともして、ヴィシュヌ神のプージャを行う、異なる三か所の場所で。

2.ランプをともして、シヴァ神のプージャを行う、これはティルヴァンナマライで。

3.花、ココナッツ、などを 私たちのGuru D.Baloyubramamiam に備える。

4.ランプをともして、カーリー神へのプージャを行う、これはどこでもよい。

これらのプージャを行えば、あなたの人生はスムーズにいくだろう、

これが、SHANTHI KHANDAM (前世のカルマ)の章

Img_4519

そして、(b)の処方の章には、下記のようなことが書かれていました。

シバ神にお祈りをした後で、聖者アガスティアはあなたのプージャについて話す。

あなたの月のサインは〇、あなたの名前は△、父の名前は□、母の名前は▽、夫の名前は×。

目のトラブルが引き起こされているのは、嫉妬、黒魔術のため、あなたの努力は実らない、危険な目に遭う、病気を抱える、いくつかの落胆を感じる。

これらの問題を取り除き、健康、名声を得て、人生を楽しむために、私たちのGuru D.Baloyubramamiam のために、PARUCHATCHARA プージャを行う、288日間、花やフルーツやココナッツをお供えしなければならない。彼は一日に一回プージャを行う、マントラを一回唱える、このプージャを10ヶ月行う、そうすれば、あなたは正確なあなたの Talisman を手に入れる。

そうすれば、あなたの人生における問題は解決する、あなたの人生に発展がもたらされる、健康も維持される。

もしこのプージャを始めたいのなら…一日70ルピー×288日分のお金、20160ルピーを支払わなければならない。

これが、DEEKSHA KHANDAM (処方)の章

※ちなみに20160ルピーは×1.6倍なので、日本円で32000円ぐらい。

ここまでがノートに記載されていたもの、これで終わり。。。。

20160ルピーを支払って行ってもらうプージャについてはこれ以上何も言及はなく、どうやってお願いするのか…分からない。また、その他の質問も受け付けてくれないようだ。全体的にぼんやりとした感じで終わった感があります。

ちなみに娘のでは、336日×70ルピーで23520ルピーで少し長くて高くなる。そして成功がもたらされるらしい。

そして、もう一人の方、オステオパシーの先生に聞くと、そんな処方は書いてないとのこと。

正直、疑問点や不明点や物足りない点などありますが、ティルヴァンナマライのアルナーチャレーシュワラ寺院に行ってシヴァ神にお祈りしたこと、カンチープラムのヴィシュヌの寺にも行ったということでインド旅行そのものが処方になっていたのかもしれない…ということですね。

Dsc_0060

アルナーチャレーシュワラ寺院にて

もし現実化したことがあったらご報告したいと思います❗

アガスティアの館訪問記は

こちら

アガスティアの葉の結果①General Chapter(1st Khandam)は

こちら

| | Comments (0)

May 01, 2019

アガスティアの葉の結果①General Chapter(1st Khandam)

  南インド、カンチープラムの下記アガスティアの館にて検索し、出てきた葉による鑑定結果ということで4月15日、ぴったり4月中旬に届きました。

Img_4482

 

Img_4484

 

Img_4488

タミール語…

英語のページ&タミール語のページが交互に入っています。

ホロスコープも一応記載されていました。

ただ、土星Saturnの位置が私も娘も一つ前のサインになっていました。そして、私の場合、出生時間に言及しなかったせいか、アセンダント、ラグナの表記もなし、娘はインド時間でってことだったのですが、ラグナが二つ前になっていました。

これは愛嬌の範囲か…

そして肝心の中身です。

まず、ベースになっているのが左の親指の指紋に元づいているということ、検索の際に出てきたこと、タミール地方の名前が〇〇だということ、今の親の名前や夫の名前、弟が一人いること、弟が結婚していて、生きているということ、妻がいて、子どもがいること、そして快適に暮らしている、私たちは良い関係にある。

私に娘が二人いること、息子はいない、娘たちは勉強している、才能がある、大学で学んでいる、そして仕事を得る、有名になる、長生きをする、そして私を助けてくれる。

私が生まれた日の曜日、生年月日、年齢、ジャンマナクシャトラ、月のサインが記載、そして、良いファミリーに生まれた、と。

仕事をしている、副業、教える仕事、話す仕事、二つの仕事をしている。

これからますます収入が増える、経済状況は年々改善していく、財産を築き、家を持つ。多くの人々と良い関係を築く、しかし、あなたの人生にはこれから、いくつかの問題が出てくる、いくらかの落胆、落ち込み、資金ショート、病気によって仕事が中断、子どもたちの人生にもいくつかの問題が出てくる。

これらの問題を取り除くには shanty deekha chapter のプージャを行わないといけない。

〇才から◇才まで:仕事によって尊敬される、言葉が現実化する。教える場での努力が報われる、芸術&テクニカルフィールドを通して収入がアップ。

〇才から◇才まで:隣人に悩まされる、間接的に問題を引き起こす人が出てくる、要注意だが多くの善良な人々に助けられる。

■才から〇才まで:子どもたちの努力が実り成功、子どもたちは良い収入をキープしていくでしょう、あなたの考えていることが実現する。

△才から◆才まで:ワークとビジネスから高い収入が得られる、芸術、現在的なものによる収入、スピーチを通しての収入。

〇才から△才まで:財産を築き、良い評判がたち、人生はスムーズに流れていく。

そして80才以上生きるでしょう。

ここまでがGeneral Chapter Predictions 第一章(1st Khandam)です。

Img_4518

アガスティアの館訪問記は

こちら

アガスティアの葉の結果②SHANTHI KHANDAM&DEEKSHA KHANDAMは

こちら

| | Comments (0)

April 19, 2019

新年度、鍛えられそうな天秤座満月

2019年4月19日20時13分 天秤座で満月です。

Img_4486

満月図

天秤座、ナクシャトラはチットラーでの満月、チットラーのシンボルは真珠、芸術や創造性、インスピレーションをあらわすナクシャトラです。絵画や音楽、彫刻や演劇など芸術全般に縁深く、腕を磨き、鍛錬を積むことで一層技術力を磨き上げ、輝きを増してくる。

ナクシャトラの支配星は火星、風のサインである天秤座ということで軽やかさと力強さを併せ持つナクシャトラです。

魚座には水星&金星がトランジット、癒しやヒーリング、心の充足へと向かう安定的な満月ですね。

ちょうど牡羊座の太陽は高揚の度数にあり、力強い一歩を踏み出すにもいい時。ちょうど4月、学校では新学期が始まり、会社にも新入社員が入ってきて、新年度が始まったばかりということもありやる気と希望に満ちた天秤座の満月🌕ですね。鍛えられて一人前になっていくんですね!

昨日、インドに同行したSさんがアルナーチャラ山で撮ってくれたすごく素敵な写真を送ってくださいました。皆さんの集合写真なのでアップはしませんが…

ラマナ・マハルシが永眠したのが、1950年4月14日だってことでマハルシの最期の写真も送ってくださったのでした。
そう、4月14日といえば、ちょうど4月15日前後にサイデリアルでは太陽は牡羊座に入室しますので、ちょうど魚座の最終度数にもかかり、ナクシャトラはレヴァティであり、ラマナマハルシの魂はこの日を選んで昇天したのかと思うとすごく感慨深いです。

ラマナアシュラムで買ってきたラマナ・マハルシの写真、額に入れて玄関に飾りました。

20190408_132053628_ios

| | Comments (3)

April 08, 2019

南インド旅行2019年3月⑨カンチープラムの寺

カーンチープラムは7-8世紀にパッラヴァ朝の首都でヒンドゥー教の七大聖地のひとつです。

アガスティアの葉の検索を終えた私たちはホテルで一休みして夕方から寺院巡りへ。南インドの寺は午前中か午後4時以降でないと開いていないので夕方の参拝です。

まずは、カンチープラムで最も美しいといわれるシヴァ神を祀るカイラーサナータ寺院へ。

 

8世紀初のパラヴァ朝時代の建造物
20190317_111327040_ios

 

20190317_110238320_ios
エーカンバラナータ寺院よりも古い時代に建築された寺院ですが、カーンチープラムで一番美しい寺院と言われています。

 

回廊の彫像は素晴らしかった。
20190317_110313145_ios
カイラーサナータ寺院回廊の壁面にあるライオンの彫像

 

20190317_110228079_ios

 

20190317_113545753_ios
ナンディ

 

そして、カーンチープラム最大の寺、シヴァ神を祀るエーカンバラナータ寺院へ。16~17世紀の建築物です。
ちょうどお祭りの真っ最中で人人人、すごい人出でした。
20190317_115209269_ios

 

20190317_130948893_ios_1 

 

20190317_130600091_ios

 

20190317_125606375_ios

 

高さ60mもある高い塔門、ゴープラム です。 
20190317_115600758_ios_1

 

20190317_115551086_ios_2
 

 

20190317_125616382_ios

 

そして翌日は、ヴィシュヌの寺へ。
まず、カーマクシ・アンマン寺院へ
20190318_042342019_ios
入口でトゥルシーの葉とジャスミンの花を売る人、どちらもヴィシュヌ神が好むとか。

 

20190318_042534224_ios
葉と長女、作ってもらったパンジャビドレス着てます!

 

20190318_043439120_ios

 

20190318_043333273_ios

 

20190318_045952869_ios
葉っぱに何か吊るされている。

 

この後、ワラダラージャ寺院(Sri Varadaraja Temple)へ

20190318_050724747_ios
入口

 

20190318_053459879_ios

 

20190318_060833183_ios

 

20190318_053526665_ios

 

20190318_053645954_ios

 

20190318_060811366_ios

 

カーンチープラムは絹織物のサリーの産地です。
ということで、絹織物を見学に。
20190318_065953283_ios

 

20190318_063046956_ios

 

20190318_063208964_ios

 

20190318_063214368_ios

 

20190318_064434014_ios
サリーを着せてもらった長女。

 

インド最後の食事は、サラヴァナ・バワン (Saravana Bhavan) のミールス、バナナの葉っぱに載っています。
20190318_072503247_ios
お店の方がお代わりを出してくださるのですが、これだけでお腹いっぱい。

Saravana Bhavan

 

これにてインド旅行記終了です。

 

この後、少しカンチープラムの街を歩き、予定通りチェンナイ空港→クアラルンプール→成田へ帰国しました。帰国後特に体調を崩すこともなく元気でした。

そして私たちの帰国の二日後にTさんが帰国、そしてその後ヨガアシュラムに向かったKさんは4月初めに帰国、ということで皆さん無事に帰ってきて本当に良かった!

 

アガスティアの葉の結果は番外編にて。

| | Comments (0)

«南インド旅行2019年3月⑧アガスティアの館訪問記