Recent Trackbacks

March 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

旅行記

September 15, 2016

旅行出発時のトランジット(パリへ)

8月末から9月5日まで子どもたちと三人でフランス、パリとモンサンミッシェルへ行ってきました

このあたりしか予定が合わなくて、選んだ日程だったのですが、出発時のトランジットから旅の検証をしてみます。出発時間は可能な範囲ですが調整しました。

Trip20160829
家を出る時のトランジット図

移動の軸である3-9室の軸に火星&土星のダブル凶星が来ているのが気になるところ、あと新月(日食)間近で月が弱い。ただ、ラグナは吉星のみで、木星がラグナ度数に近くてD9でも同じくラグナは吉、ってことで命を守ってくれるだろう。などと行きの電車で確認

出発時のラグナは柔軟宮:臨機応変な対応が必要だったな、今さらながらこれ実感。
予定の立て方が甘いのが原因なのだけど、予定通りにいかないこと、変更を余儀なくされることの多かったこと。

3室ウパチャヤのダブル凶星:清水先生に「あまり混み合うところには行かない方がいいかもしれません。」とアドバイスしてもらっていたのだけど、、、聞く耳もたず…主要な観光地へは行きまくりました。

凱旋門、エッフェル塔、ヴェルサイユ宮殿、モンサンミッシェル、ルーブル美術館、ノートルダム大聖堂、モンマルトルのサクレクール寺院、オランジェリー美術館、オペラガルニエ、オルセー美術館へ。どこも観光客は多かったけど、日本人はあまり見かけず、中国人観光客が多かったように感じました。特に日本人の団体客はほとんど見かけなかったですね。

F02
凱旋門

ただ、道中がスムーズだったかというと…それはまぁ…いろいろありました。2日目にメトロに乗ってみるもわかりにくくて、最初の目的地である凱旋門へにはたどり着いたものの、徒歩でエッフェル塔に行き、迷いに迷って、エッフェル塔近くのメトロの駅から乗ったものの工事中だとかで目的地のノートルダム大聖堂には止まらず。実はメトロではなく別の電車に乗っていたのでした。

そしてたどり着いたのがヴェルサイユ宮殿。行こうと思ってたところだからいいじゃんと長女に励まされ、午後3時という微妙な時刻でしたが行ったのでした。ここでも「鏡の回廊」にたどり着けず、結果三回も入場したのでした。

F03
鏡の回廊

帰りも乗り継ぎがうまくいかなかったり、出口が見つからなかったりとあっち行ったり、こっち戻ったり、人に聞いたりなどなど試行錯誤の連続ホテルに着いたらぐったりだった

初日からこんな活動しまくってへとへとだったのに翌日は早朝からバスツアーでモンサンミッシェルへ。快晴で暑かった、ここでも階段や坂を登っていくためたくさん歩きました。

F04_3
モンサンミッシェル

これに懲りて三日日からは徒歩もしくはタクシーを使うことにしたのでした。

ホテルは便利な場所にあったので、近場の美術館などへは徒歩で、帰りも帰れる距離と思ったら徒歩で帰ったりしてとにかく足が痛くなるほどに歩きました。街の空気を感じるのは徒歩が一番かと思って

ただ、出発時ラグナのt木星の加護は実感しましたね。テロやスリ、ひったくりなどいろいろな危険を色んな人に言われていたのですがそういった危害に遭うことはなくてよかったですね。

モンマルトルでは日本語を話す警察官に呼び止められ、「このあたりはスリが多発してるから気を付けてください!」って言ってくれ、タクシーを止めてくれて行先を運転手さんに告げてくれたのでした。

F06
モンマルトル

帰る日に署名詐欺の人たちに次女が囲まれてリュックのポケットを開けられたのだけど、特に何も入れてなかったのでとられることもなく、ということはありましたが…

そして、街にはあちこちに銃を持った兵隊さんが多数いてものものしい雰囲気もありました。

木星と土星のダブルトランジットは、山羊座、牡牛座。

牡牛座ラグナの娘たちにとってはラグナ&9室、私のn月から見ると5室、9室へのダブルトランジット。大学受験では世界史選択だったため、資料集に載っていた絵や写真、銅像を実際に目で見て確認できる機会ということもあり、かなり興奮していた。

F08
ジャンヌダルク像

そして世界遺産のモンサンミッシェル、カトリックの教会、ノートルダム大聖堂にサクレクール寺院、9室だけに巡礼といってもいいのかもしれない。

F05_2
サクレクール寺院

※チャート&ダシャーは持参していたのですが、ほとんど見ることなく…過ごしてしまいましたが、折を見て旅行のダシャーの検証もしてみたいと思います