Recent Trackbacks

March 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« September 2019 | Main | November 2019 »

October 2019

October 28, 2019

現実的な一歩を軽やかに踏み出す、天秤座の新月

2019年10月28日12時39分、天秤座にて新月です。
20191028
新月図

天秤座の新月、ナクシャトラはスヴァティーです。
シンボルは風になびく新芽、風の神ヴァーユが支配するしなやかで軽やかなナクシャトラ。
どのような場面にも順応する力、多面的に対応していく力を持ち、自由を求める気持ちも強いナクシャトラです。

この新月は天秤座ですが、天秤座は太陽が減衰するサインです。
ちょうど減衰点の10°あたりの新月ということで太陽の恵みはこの時期あまり期待出来ないかも。
ただ、凶星からの傷もなくて、自由で軽やかな様相の新月です。

蠍座には金星、水星、木星と吉星がそろっており、新月から観て2室ですからコミュニケーションが深まりそうな予感があります。

この新月図のラグナは山羊座ですので、天秤座新月は10室、蠍座の吉星は11室、ラグナロードの土星は12室射手座、ケートゥとコンジャンクトし、火星がアスペクトしますのでこのハウスは傷つきます。

そして、11月6日に木星が射手座に移動します。
この移動により、射手座、双子座にダブルトランジット、この軸が活性化します。

皆さんのチャートでの射手座&双子座は何室でしょう?
そのハウスの象意に何かしら転機が訪れるかも。

躊躇しながらも、現実的な一歩を軽やかに踏み出すのにいい時って感じがします。気持ちを奮い立たせて一歩踏み出してみてください!

そして、蠍座の水星は11月1日から逆行開始し、途中天秤座に戻り21日まで逆行します。

※「パンチャンガカレンダー手帳2020年版」完成しています。
興味ございましたら、下記アドレスまでお問い合わせしてください。
jyotish@mbe.nifty.com

パンチャンガカレンダー手帳読み方の講座を、11月4日(月・祝日)午後、12月12日(木)夕方に行います。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

October 27, 2019

吉野まゆの「インド占星術初級基礎講座」とは?

先日鑑定した方がインド占星術を学びたいとのことで、私の講座と清水先生の講座の違いはどういうところでしょうか?という質問を受けました。結構大胆なご質問ですよね💦

ということで、少し掘り下げて考えてみました。

私、吉野まゆのインド占星術の師:清水俊介先生
清水俊介先生の師:KNラオ先生

ということで、私もKNラオ先生のインド占星術学校、BVB(バーラティーヤ・ヴィディヤー・バワン)の流れに則ったインド占星術を教えています。

これがひとまずの前提ですね。

私はインド占星術鑑定、講座だけではなくてインド占星術による太陽12星座占いというのも執筆していますのでこれは清水派が反対していることではないかという批判もございますが、一応、この12星座占いも基準は太陽の星座、ということですが、インド占星術のトランジットの読みに出来るだけ忠実に書いているつもりです。太陽星座が基準なので、ラグナが分かる方はご自分のラグナの星座で見ていただいてもいいかと思われます。

これも前提ですね、話しが長くてすみません(^^ゞ

私の講座は「インド占星術初級基礎講座」全12回、一回の講座は3時間ですので、合計36時間です。
この長きにわたってパラシャラ占星術の基礎を一通り学びます。

では、講座開催にあたって心掛けていることは、下記3点です。

1.系統立てて一通りを学べるようにということです。

最初に大雑把にインド占星術の概要をご説明しています。静的分析と動的分析、各分割図やシャドバラ、アシュタカヴァルガの意味や説明を概略的に一番最初に学びます。

その上で、基礎の基礎から順序立てて進めていくこと、そして、テキストにリーディングのヒントになることを記載しています。

各星座の特徴やら各ラグナの特徴、惑星、ハウス、その絡みなどについてもリーディングに際してのヒントを多数記載しています。

2.格安の値段設定、対面のグループレッスンは3時間で5000円です。
実はこの値段は2010年に始めた当初から変えておりません。
この値段は私が清水先生からインド占星術を学び始めた時の値段とも一緒です。

私が学び始めた時、私はワーキングマザーということで、平日はフルで仕事して、日曜の午後に講座へ通っていました。
学びはじめの頃は子どもたちは二人とも保育園に通っていました。
夫に面倒を見てもらって講座に通ってました。

このような立場の人が自分の趣味の学びに使えるお金ってせいぜい月1万円ぐらいなんですね。(って、これは私の場合ですね)

その点も踏まえて、かつての私のような人に気軽に学んでもらいたいという思いがございます。

この学びを続けてきたお陰で色んなことを乗り越えてこれたわけですし、鑑定や講座を始めてからは生活費にも、子どもの学費にも充てることができました。

主婦目線そのものでありますが、そもそも占星術ってそんな王道の学びでもないんですよね。
公的な資格が取れるわけでないし、就職に有利なわけでもない、たとえ占い師になったところで裏稼業だしということで、あまりおおっぴらに自慢できることでもないんですね。

そんな学びですから気楽に学べる価格帯って大事と思っています。

3.ホロスコープ読みの講座との連動
インド占星術の基礎講座を始めたのが2010年でした。
この時「私から学びたい」との熱いリクエストをいただき、清水先生にもご相談したのですが、「まゆさんに縁のある方なんですよ」と言われ、講座を開始することになりました。この時もう1名受講したいという方がいて、2人での開始でした。

2010年4月のことです、カリキュラムを作ってテキスト作成して、なんとか講座を開始、その際に考えたのが理論を学ぶだけではなくて実際にホロスコープを読んでみる、ホロスコープに学んできた理論を当てはめてみるということがとっても重要だということです、それで2010年6月から「ホロスコープ読みの講座」を開始しました。
これは不定期ですが、最初の生徒さんがいつも通ってくださいました。
その時、ホロスコープ読みの講座だけに来てくださっていた生徒さんもいて、その方々とは今でも仲良くさせていただいています。

時には2人しか参加者がいない回もありました、時には自分のチャートを使ってみることもありました、チャレンジングな企画、出生時間が全く分からない人のラグナを特定する手法は?みたいな読みの講座もありました、懐かしい…(^^♪

初級基礎講座は2013年に12回の講座に改正し、今も続いています。
そしてホロスコープ読みの講座も1~2か月に1回ぐらいのペースで続けています。

インド占星術初級基礎講座&ホロスコープ読みの講座に長らく参加してくださってた方は今身近な人を中心にたくさんの方を鑑定しています。

元々対面の占い師をやってられた方はメニューに「インド占星術」をプラスして鑑定されています。

私の講座はこれを受講したら即占い師になれますよ、とか、稼げますよ、なんてことを言うつもりは全くございません。終了したらビサリアジの講座に参加したり、清水先生の講座に参加したら理解できるところまではいけます。

私の方でも中級基礎講座~分割図にフォーカス~という講座もやっています。
この講座も基礎講座終了した方で対面鑑定をされている方に、「出生時間が曖昧な人はどうして観るんですか?」という質問をうけたことがきっかけで始めました。

出生時間が曖昧な場合は、時刻修正という手順を踏みます。

その際に必要なデータは、兄弟姉妹関係、ご両親のこと、学生時代の専攻や興味の方向性、病歴や職業の変遷などなどなんですが、こういったことを各分割図で確認してくことで時間が特定されていくわけです。

そのための手掛かりの一つ、とても重要な手掛かりの一つが分割図なんですね。

それで2018年より開始しました。

ということで、私の講座は、

初心者向けに「インド占星術初級基礎講座」12回×3時間+ジェイミニ6時間
初級終了者向けに「インド占星術中級基礎講座~分割図にフォーカス~」9回×3時間
すべてのインド占星術愛好家の方に向けて、「ホロスコープ読みの講座」1回完結、3時間

を行ってきました。

「初めてのインド占星術」は数回開催したのですが、インド占星術ってどんなもの?といった導入の講座ですね。

そして清水先生の講座はどう?ってことですが、

はい、インド占星術を大学の授業のように体系的に教えてくださいます。歴史的な背景からBVBでの研究の仕方など非常に学問的で正統なインド占星術です。そういったアプローチで学びたい方には清水先生の講座を強くおススメします。

私の講座に興味を持たれた方はきっとご縁があるのでしょう!
ご一緒に学びましょう!

11月10日午後に初級基礎講座開講します。都内会議室での対面式のグループレッスンです。
遠方の方は10月30日にzoomでの遠隔講座を開始します。合わせてこちらをご確認ください。

Img_5140

【日程変更しました】【募集中】インド占星術初級基礎講座のご案内(2019年11月開始)

2019年11月10日(日)開始、インド占星術初級基礎講座グループレッスン開講いたします。
(※2019年10月13日(日)開始予定でしたが、台風直撃の可能性が出てきましたので変更いたしました) 10月8日付

ご興味をお持ちになりましたらぜひお問い合わせください。詳細は下記のとおりです。

対象者:インド占星術を学びたい初心者の方

内容:インド占星術の初級基礎講座
 (この講座はインド占星術のほんの入り口です)

講師:吉野 まゆ

日程
1回目:2019年11月10日(日)
2回目:2019年11月24日(日) 予定
3回目:2019年12月22日(日) 予定
 (4回目以降は参加者の皆さんで調整して決めていきます。)
※基本は日曜日、月に1回、第二もしくは第三日曜日の予定です。

時間:午後1時半~午後4時45分 90分×2コマ

場所:文京区内もしくは千代田区内の会議室を予定しています。

回数:全12回 (90分講座を24コマ)

募集人数:10名
※参加ご希望の方はメールにてお問い合わせください。

料金:5000円/1回 12回で、60000円です。
※講座終了後にお支払いください。

星座、惑星、ハウス、絡み、ヨーガ、ダシャーについてインド占星術の基本的な内容についてひととおりを学びます。
テーマごとにサンプルチャートで確認しながら進めていきます。
また、各テーマが終わるごとに課題を出して確認できるようにいたします。

インド占星術の基礎講座12回のレッスンのテーマは下記のとおりです。

レッスン1:インド占星術の概要・12星座
1-1:インド占星術とは、歴史、ホロスコープの構成要素
1-2:二区分、三要素、四元素、12星座

レッスン2:惑星について
2-1:惑星の軌道、順行と逆行、生来的吉星、凶星、各惑星の象意&強さ(その1)
2-2:各惑星の象意&強さ(その2)、生来的友好敵対関係、機能的友好的対関係

レッスン3:ハウスについて
3-1:ハウスの分類、各ハウスの意味、強さ、検討事項(その1)
3-2:各ハウスの意味、強さ、検討事項(その2)、各ラグナごとの機能的吉星・凶星

レッスン4:星座・惑星・ハウスの絡み①
4-1:星座交換、コンジャンクト、アスペクト、ラグナによって決まるハウスと支配星の関係
4-2:惑星とハウスの関係・絡み

レッスン5:星座・惑星・ハウスの絡み② 
5-1:ハウスと支配星の絡み
5-2:惑星どうしの関係性・絡み、チャート検討に際してのチェックポイント

レッスン6:ヨーガ①
6-1:ナバサヨーガ
6-2:パンチャマハープルシャヨーガ

レッスン7:ヨーガ②
7-1:ラージャヨーガ
7-2:ダーナヨーガ、アリシュタヨーガ

レッスン8:ヨーガ③
8-1:その他の重要なヨーガ(その1)
8-2:その他の重要なヨーガ(その2)、静的分析のまとめ、事例検討

レッスン9:ダシャー① 
9-1:ダシャーの種類、ヴィムショッタリダシャーの構造、ナクシャトラ
9-2:各惑星期の特徴

レッスン10:ダシャー② 
10-1:マハーダシャーとアンタラダシャーの関係、
10-2:ダシャーの検討手順、ダシャーの流れの確認

レッスン11:トランジット 
11-1:トランジットとは、各惑星のトランジットの影響、ダブルトランジット
11-2:サディサティ・トランジットのハウスへの影響

レッスン12:
12-1:ダシャーとトランジットの影響、、事例検討
12-2:ホロスコープ検討の流れ、静的分析&動的分析のまとめ、事例検討

この基礎講座は「インド占星術のほんの入り口」です。この入り口というのは、私の中級講座、清水先生の上級の講座やアバ先生のテーマ別の講座、ビサリアジ先生の日本でのセミナーなど次のステップに進むための入り口といった意味合いです。

そして講座の目標は、インド占星術の基礎知識を一通り習得すること、その知識を駆使して身内や友人など身近な人々をインド占星術の手法を使って観ていくことが出来るようになることです。

二ヶ月に1回ぐらいのペースでホロスコープ読みの講座も開催していくつもりなので、基礎知識を習得しながら、実践で確認しつつブラッシュアップしていけると思います。

そして、12回の講座終了後、ジェイミニ占星術講座2回、中級講座9回を予定しています。

受講のお申し込み、受講に関してのご質問、ご意見、ご要望など何なりとお気軽にメールでお問い合わせください。
メールアドレスは、jyotish@mbe.nifty.com です。

※遠隔のレッスンにつきまして:何名かの方にお問い合わせいただきまして開催することにいたしました。

今回の募集ではzoomによる遠隔でのレッスンも同時期に開催いたします。
平日(水曜日もしくは木曜日)の午後8時から90分のレッスンを24回、月に2回というペースです。
10月30日水曜日20時~が初回です。

遠方(東京からの)にお住まいの方でインド占星術に興味をお持ちの方、ぜひお問い合わせください。
欠席された場合、ビデオファイルでの追受講もしていただけます!

皆さまのご参加をお待ちしております!
Img_4699

October 14, 2019

高い精神性と同時に現実面では揺らぎが感じられる魚座の満月

2019年10月14日6時8分、魚座にて満月🌕です。
20191014
満月図

魚座の満月、ナクシャトラはレヴァティです。
シンボルは魚、高い精神性と霊性、直観力をもたらすナクシャトラです。

ピュアで自己犠牲の精神にあふれ、人々を癒しや安らぎへ導くナクシャトラです。

インド占星術では魚座新月図をヒンドゥーニュ―イヤーチャートといってその年の運勢を観るのに使います。
ちょうど2019年4月5日の新月がヒンドゥーニュ―イヤーチャート、別名チャイトラシュクラプラティパダ―といい太陰暦のチャイトラの始まり、新月なのでこれから満月に向かっていく月ということでシュクラパクシャの月ということです。

しつこい説明になってしまいましたが💦、この新月からちょうど半年経った同じレヴァティの満月ということで今年の節目といった様相なのですね。

この満月図も先月の水瓶座満月図と同じく、月の両隣にまったく惑星が在住しないというケーマドルマヨガであります。
また、火星&月のコンビネーションであるチャンドラマンガラヨーガも出来ています。
同じく不完全ながらチャンドラアディヨーガが出来ています!

この満月図のアセンダントは乙女座、射手座に土星、ケートゥがタイトにコンジャンクション、そこに、火星が四番目のアスペクトしています。射手座は日本の建国図のラグナ、ケンドラには凶星の影響しかなくて色々要注意な満月図ですね。

一か月前の台風の影響がまだ治まらないこの時期、また満月前に台風19号、大型台風の襲来でした。

河川の氾濫やダムの決壊、道路の冠水や家への浸水など本当に台風の、豪雨の恐ろしさを目の当たりにすることになりました。

いままさに過酷な状況のただ中にいて耐えてられる方が多くいらっしゃると思います。懸命に復旧にあたってられる方々の苦労や心労もたいへんな重圧と思われます。

一日も早い復旧を祈るばかりです。

サイデリアル星の動きでは、10月18日に太陽が天秤座へ、天秤座には金星&水星、コミュニケーションが活性化してくる配置です。
水星は24日に蠍座へ、11月1日から21日まで水星が逆行します。

今年も残すところ3か月を切っています、来年2020年を見据えて行動していくといいですね。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

« September 2019 | Main | November 2019 »