Recent Trackbacks

March 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« December 2019 | Main | February 2020 »

January 2020

January 25, 2020

新たな流れ、時代を感じさせる2020年最初の山羊座新月

2020年1月25日6時42分、山羊座にて新月です。

20200125nm
新月図

山羊座の新月🌑、ナクシャトラはシュラヴァナです。
シンボルは耳、傾聴といった耳を傾けること、聞くことに関わるナクシャトラです。

学びや学識、親切で寛大、宇宙真理を追求していく、たいへん真面目で高尚なナクシャトラの一つです。

地のサインである山羊座ですので、穏やかで地に足付けた力強い新月です。

1月24日に土星は山羊座に入ったばかりであり、新たな流れ、時代を感じさせる2020年最初の新月です。

新月図ではラグナも山羊座であり、太陽、月、ラグナがそろった山羊座はパワフル、現実的であり、どっしりとしており、現実的な目標設定をしたり、日々の日課を決めるなど実現可能なことを何か始めてみるといいかもしれません。

土星が星座を移動するには数年に一度のことですから…今回は2017年10月に射手座に移動して以来、実に2年3ヵ月ぶりの移動です。大きな転換期、変化の時となるでしょう。

2017年10月26日に土星は射手座に移動しました、この時私はインドに滞在していて、デリーのインド占星術学校、BVBに通っていました。清水先生とインド占星術仲間のHさんとともに通っていて、この日、ガイドのチャマンから土星の寺に行かないかとのお誘いを受けたのですが、学校があるからとお断りしたのでした。

インドでは凶星である土星の寺というのはインド各地に在っていつも大賑わいだそうです。
そして、土星が星座を移動する日には土星の影響を少しでも鎮めるために土星の寺に参るということなのでしょう。

あれから、色んなことがありましたが、ちょうど私にとっては子育ての集大成のような射手座土星でしたね。
まさしくカルマであり、責任を果たすこと、義務であり役目を最優先にしてきました。
10室カルマハウスに何重にも絡む土星期であり、トランジット土星でした。

そして、この土星山羊座移動、この3月で次女も大学を卒業し就職します。
一つ肩の荷を降ろすかの安堵を感じるこの山羊座新月ですね。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

January 24, 2020

t土星が山羊座へ(1月24日)

いよいよトランジットの土星が山羊座へ移動します。

20200124sp
2020年1月24日土星が山羊座へ

2017年10月26日に射手座へ入った土星、山羊座へ抜けるともう射手座には戻ってきません。
何度か逆行をしながら、2022年4月29日に水瓶座へ移動するまで、山羊座に長期滞留します。
今年2020年の土星が逆行する期間は、5月11日~9月28日まで。

20220429sp
2022年4月29日土星が水瓶座へ

※土星は2022年4月29日水瓶座へ移動しますが、逆行し山羊座へ戻ります。その後、2023年1月にふたたび水瓶座へ

t木星は、といいますと、3月30日に山羊座へ入り、逆行中の6月30日に射手座へ戻ります。
t木星の逆行期間は、5月14日~9月13日
そして、11月20日に山羊座へ再度移動、ここからは山羊座から戻りません。

まとめますと、
1月24日~3月30日は土星:山羊座、木星:射手座
3月30日~6月30日は土星:山羊座、木星:山羊座
6月30日~11月20日は土星:山羊座、木星:射手座
11月20日以降は、土星:山羊座、木星:山羊座
となります。

逆行期間を考慮しないで考えますと、ダブルトランジットは、土星&木星が山羊座をトランジット中の、山羊座、蟹座です。

ダブルトランジットとは、トランジット木星の影響とトランジット土星の影響の重なるサインであり、その時期、そのサインおよびハウスは活性化し、その方向へ意識が向かう、その象意の経験をすると言われます。

あと、t火星が3月末から4月頭にかけて山羊座で土星と度数がぴったり重なります。
緊張が高まるような時期ですね、ちょうど3月24日の魚座新月図はニューイヤーチャートですから。

この年度末は要注意ですね。

この土星の移動によって、牡牛座ラグナの方は、アシュタミシャニが終了、今度は双子座ラグナの方がアシュタミシャニへ。

アシュタミシャニとは、t土星がラグナから8番目のサインをトランジットする期間のこと、土星の試練や責任が強まる時期です。

あと、蠍座ネイタル月の方にとってはサディサティの終了です。
サディサティというのは、土星がネイタル月のサイン+前後のサイン45度をトランジットする7年半、これも土星の試練や責任が強くなる時期です。水瓶座の前半にネイタルの月がいる人にとってはサディサティの始まりです。

引き続きサディサティの方は、射手座、山羊座にネイタル月の方です。

昨年、2019年4月に就職した長女が、サディサティ&アシュタミシャニが重なっていたんですね。
就職した先が元々たいへんな仕事ということもあり、心身ともに疲弊しておりました。
そうはいっても、なんとか仕事をこなし、こなしてきました。

その彼女が、新年に今年の目標は、〇時までには帰ること!と言ってました🏠

就職してもうすぐ1年が経とうとしていますが、周囲の人に学ばせてもらいながら、なんとか見えてきた目標、効率&時短ってとこが山羊座土星らしいなぁって思ったのでした。

土星は試練を与える星だけど、試練を経験し、それに耐えることで、学びがあり、大きな成長があるってことを感じたのでした。

2020年1月24日から始まるt土星山羊座の期間、あなたにとって山羊座は何室ですか?ネイタル月から見て何室ですか?そのハウスの意味合いを実現するというような目標を立てるのもいいですね✨

2021年~2040年までの木星と土星の星座移動表・ダブルトランジットを更新しました。
木星と土星の星座移動表&ダブルトランジット2021年~2040年版

新規作成中ホームページ、こちらです。

January 15, 2020

本日はマカラサンクランティ♪

本日、2020年1月15日、太陽☀が山羊座に入りました。この日をマカラサンクランティといってインドでは新年の始まりになります。ウッタラヤナという吉祥な半年の始まりでもあります❗

2020年、1月2日から帰省先の京都でインド占星術鑑定でした。

先日はインド占星術初級基礎講座の受講生の方たちと講座後に新年会を行いました、いつものベトナム料理屋さんです。

そして、開設したものの放置状態だったワードプレスによるホームページを整備いたしました、まだまだ取り掛かったばかりですがなんとか表面だけ整備しました。

こちらです。

アイコンはこちら
512_3

イラストは若山ゆりこさんに描いてもらいました、パンチャンガカレンダー手帳の表紙を書いてくださっているイラストレーターさん。

ゆりこさんは只今インド占星術学び中です😃
ゆりこさんのホームページはこちら

ホームページの整備をと思い立ったのは昨年11月、鑑定にいらしてくださったプログラマー&チベット語の先生との話がきっかけでした。ワードプレスへの移行、SSL化が大事とのことで、レンタルサーバーを契約して、ドメインもとって、トップページのSSL化を業者さんにやってもらい、しばし放置してしまっていました。

こちらの方です。

今後、今のホームページを移行していこうと思っております。きっと亀のような歩みになろうかと思いますが試行錯誤しながら取り組んでいく所存でございます✨

引き続き皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

January 11, 2020

危機意識を持って過ごしたい…2020年最初の満月は双子座、半影月食

2020年1月11日4時22分、双子座にて満月、月食(半影月食)です。
20200111fm
満月図

双子座の満月、ナクシャトラはプナルヴァスです。

母なる女神アディティが支配し、シンボルは弓矢を入れる筒、筒から出して矢を射る、的に当てる、これを繰り返し、そして終わったらまた元の筒に戻す、このような反復、回復、再生、繁栄などを象徴するナクシャトラがプナルヴァスです。

木星が支配星ということで、善良で、純朴、真理を自然に体現し、真正直な気性を持つたいへん吉祥なナクシャトラの一つです。

この満月は双子座であり、今回もこの満月はラーフ‐ケートゥ軸に重なりますので月食(半影月食)となります。

2019年年末の12月26日の射手座の新月に続く月食ということで世界情勢なども不穏な様相を呈しています。皆さまもご自身の体調不良や先行きの不安感など感じてられる方も多いのではないでしょうか😞

この満月には、ラーフ‐ケートゥ軸に加え、土星、水星、太陽、木星が射手座からアスペクト、水星はコンバストかつパーパカルタリでかなり凶星化しています。そして蠍座から火星が8番目のアスペクトをしており、すべての凶星の影響下にあり、ケーマドルマの月です。

ただ、月と木星は対面で満月のガージャケーサリヨーガが形成されているという救いはありますね。

引き続き、土星と木星の影響が出来るということでダブルトランジットに関わる月食、ただ、土星は28度とかなり度数が高く、土星の脅威や圧力がかなり増している様相、かつ水瓶座の金星に3番目のアスペクトをしています。この金星には火星からの4番目のアスペクトもありかなり傷ついています。

吉星がすべて凶星の影響下にあるというのは、迫りくる危機のような気がしてなりません💦

この満月図のラグナは蠍座になりますので、双子座8室はかなり傷ついています。

って、なんだか悲観的なことばっか出てきて、何ともですが…年始からの緊迫した中東情勢をあらわしているようで恐いですね。

引き続き、粛々と日常生活を送るのがいいでしょうね。

1月15日には太陽が山羊座へ移動します、これはマカラサンクランティといってインドでの新年であり、お祭りが行われるようです。ウッタラヤナの始まり、吉祥な半年が始まるという日です。

一足早く水星は1月13日に山羊座へ。

そして、いよいよ、といったところです、2020年1月24日に土星は山羊座へ移動!2017年10月27日から射手座を運行していた土星が、2年余りの時を経て移動します。

始まったばかりの2020年ですが、何があっても対応していけるよう余裕を持って過ごせるスケジュール感で過ごせるようにすると気持ちも楽かもしれません。備えあれば憂いなしといいますし、日頃から危機意識を持って過ごすことで有事に慌てないで済むということもあります。

まさに8室の様相ですね、12月26日の日食も8室惑星集中、今回の月食も8室凶星アスペクト、不意打ちであり、水面下で進行していて明るみになったときには時すでに遅しなんてことにならないよう、注視しつつ日々を過ごしていきたいですね。

※1「パンチャンガカレンダー手帳2020年版」完成しています。

※2パンチャンガカレンダー手帳読み方の講座を、1月13日(月)14時~行います。

興味ございましたら、下記アドレスまでお問い合わせしてください。
jyotish@mbe.nifty.com

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

January 01, 2020

謹賀新年 2020年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

2020年は子年、庚子(かのえね)ですね。
子は十二支の始まりであり、庚(かのえ)は、十干(じっかん)の7番目であり、新たに芽生えて、いろいろな方向に育ち始めるという意味合いです。

Img_5416

12月26日の日食で終わった2019年、2020年は1月11日の半影月食から始まります。
半影月食とは、月が地球の半影に入って、月面の一部または全部がわずかに暗くなる現象であり、皆既月食ほどの影響はないようです。

2020年、いよいよ東京オリンピック開催の年ですね。

私にとっての2020年は、ヴィムショッタリダシャーでは土星-ケートゥ期→土星-金星期へ。

どちらもドシュタナ絡みなので四方八方に気を付け、気を配り、そして、何があっても動じないための備えと受け止めていく覚悟を持って過ごしたいと思っています。

粛々と、過ごせれば良しってとこですね。

皆さまはどんな2020年にしたいですか?年始はそういったことも鑑定にてお話しさせていただきます。

皆さまにとって幸せ多き1年になりますようお祈り申し上げます✨

Img_5421

« December 2019 | Main | February 2020 »