Recent Trackbacks

March 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

トランジット

June 21, 2020

情報が錯綜しそうな双子座の新月、部分日食

2020年6月21日15時42分、双子座にて新月、部分日食です。

20200621nm新月図

双子座の新月、日本では部分日食が見られます。インド北部や台湾などでは金環日食が起こります。

この日食のナクシャトラはムリガシラー、シンボルは鹿の角、チャンドラ神が支配するナクシャトラです。
知的好奇心旺盛で俊敏、様々なことにアンテナを張り、探求していく、新たなことを発見し、広めていく道先案内人のような役目を果たすナクシャトラです。

ムリガシラーの支配星は火星、この新月には魚座に入ったばかりの火星がアスペクト、逆行する水星とコンジャンクトし、逆行する土星&木星は一つ前のサインからアスペクトしますので対面の射手座から新月にアスペクト。ということで金星以外のすべての星が絡む新月、日食です。

ナクシャトラがムリガシラーで良かった…という気もしますね、もしも、アールドラ―だったらかなり危険度が上がりそう…

この新月図(日食図)のラグナは天秤座、ラグナロードの金星は逆行して8室に在住するってのはあまり良くないですが、金星自体は定座の金星だし、無傷。日食に関わる双子座も9室、これは救いかも。

引き続き、逆行惑星が多いのは気になるところ、土星、木星、金星、水星が逆行中です。ただ、6月25日には、金星が順行へ。そして、6月30日には逆行木星が射手座へ戻ります。木星は減衰する山羊座よりは射手座の方がいいですね。


引き続き、地震や気候の変動に要注意です。水星が逆行し、乱れがちってことで、情報の錯綜、鉄道などダイヤの乱れなどに要注意、待ち合わせなどには余裕を持った行動をしましょう。スケジュールも詰め込み過ぎないで、ダブルブッキングや約束の反故や忘却なんてこともあり得ます。イラっとしたら負けと思って心にも余裕を。

梅雨に入りましたし、マスクが辛い季節になってきました。息苦しいなと思ったらマスクを外す勇気を!

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

June 06, 2020

コロナからの復興、力強い歩み蠍座の満月

2020年6月6日4時12分、蠍座にて満月です。

20200606fm
満月図

蠍座の満月、ナクシャトラはジェーシュター、シンボルはインドラ神のイアリング、神々の中の長であるインドラ神が支配するナクシャトラです。最年長、創設者や陰の実力者といった意味合いがあり、組織の長となる人物をあらわします。物質的な側面と精神性を求める側面の両方の要素を併せ持ち、現実世界をパワフルに突き進んでいく力を持つナクシャトラです。

ジェーシュターの支配星は水星、牡牛座で逆行する金星のアスペクトを受ける満月、人と人との深い情緒的な繋がりや信頼関係が感じられる満月、ただ、この満月も孤独をあらわすケーマドルマですね。ただ、月から見て吉星である金星、水星が7室、8室をトランジットしているのでチャンドラアディヨーガが部分的に出来ています。

この満月図のラグナは牡牛座なので、ラグナロード金星は逆行しているけど、ラグナで強く、ヨーガカラカの土星も力強くて、コロナからの復興への歩みが始まろうとしているかの様相です。

ただ、逆行惑星が多いのは気になるところ、土星、木星、金星。そして水星も18日から逆行します。

惑星の移動は、6月15日に太陽が双子座へ、6月19日に火星が魚座へ。21日の新月、部分日食に向けて、着々と準備を整えていっているような様相です。この日食では水星が深く傷つきます。地震や気候の変動に要注意です。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン


May 23, 2020

コロナ後の世界、新たな価値感へ変容していくかの牡牛座の新月

2020年5月23日2時39分、牡牛座にて新月です。

20200523nm
新月図

牡牛座の新月、ナクシャトラはクリッティカー、シンボルは剣など刃物がついた武器、火の神であるアグニが支配するナクシャトラです。
分割や分析といった意味合いがあり、複雑な物事を解きほぐし簡素化していく力、段階的・多面的にとらえて分かりやすく説明する力、目標設定をして計画的に進めていく力があります。

ナクシャトラの支配星は太陽、牡牛座は金星が支配する星座、この新月には金星、水星がコンジャンクトしますので吉星の影響を受けた新月ですね。ただ、ラーフ‐ケートゥ軸の片側に惑星が偏っているカーラサルパヨーガを形成しており、水瓶座トランジット中の火星からのアスペクトも受け、生真面目さと厳しさを有するとともに愛らしさも併せ持つ新月です。ただ、偏っているということにより、安定感は感じられないですね。何かが起こりそうな、その前兆のような新月図、パクシャチャート。

この新月図のラグナは魚座、29度39分ですので、限りなく牡羊座に近い飛躍をもたらすといわれるナクシャトラ、レヴァティに位置するラグナです。精神性、今生から未来生への飛躍をもたらすという位置です。緊急事態宣言もいよいよ解除へ向けての動きが出てきており、コロナ後の世界が生まれつつある、そんな新たな方面への動きが感じられるこの時期ですね。

5月5日に水瓶座入りした火星、水星は5月25日に双子座へ移動します。

引き続きですが逆行惑星が目立ちます。土星が5月11日から9月29日まで逆行、金星が5月13日から6月25日まで逆行、さらに木星が5月14日から9月13日まで逆行。6月18日から7月12日までは水星も逆行、6月19日に火星が魚座へ、6月21日は双子座で新月、日食です。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

May 07, 2020

高い理想を掲げ、未来への希望を持って進んでいきたい天秤座の満月

2020年5月7日19時45分、天秤座にて満月です。

20200507fm
新月図

天秤座の満月、ナクシャトラはヴィシャーカ―、シンボルは勝利のアーチ、雷と戦いの神であるインドラと火の神であるアグニが支配するナクシャトラです。
高い理想と未来への希望を持ち、純粋、バイタリティーにあふれており、我が道を貫いていくという独立独歩な側面も持っています。

支配星は木星、天秤座は金星が支配する星座になりますので吉星の影響を受けた満月ですね。ただ、両隣には惑星がないのでケーマドルマヨーガであり、土星からのアスペクトも受けますので、孤高な様相と責任感の強さ、我慢強さなどもあらわす満月です。

自粛生活もちょうど一か月になり、緊急事態宣言が延期されたことによりまだ数週間自粛は続きます。一人一人がコロナ後の世界を見据え、理想や希望を持って日々過ごしていけるといいですね。

5月5日に火星が山羊座を抜け、水瓶座へ移動しました。5月9日には水星が牡牛座へ、そして14日には太陽が牡牛座へ。

徐々に落ち着いていけそうな流れですが、土星が5月11日から9月29日まで逆行、金星が5月13日から6月25日まで逆行、さらに木星が5月14日から9月13日まで逆行しますので…とんとんと状況が改善していくばかりではなさそうな気がします。6月18日から7月12日までは水星も逆行、6月21日は双子座で新月、日食です。

正直…先々の流れを追っていくとそんなに楽観視は出来ない気がしてしまうのですが、少しずつでも規制が緩和されていき、徐々に日常生活へと戻っていく、その流れの途上であり、今は過渡期であるわけですから、一歩一歩進んでいきましょう!

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

April 23, 2020

新たなエネルギーが動き出す予感、牡羊座の新月

2020年4月23日11時26分、牡羊座にて新月です。

20200423nm
新月図

牡羊座の新月、ナクシャトラはアシュビニー、シンボルは馬の頭、猪突猛進していく勢いやエネルギーが強いナクシャトラです。

支配神は医療の神であるアシュビニークマール、支配星はケートゥです。

医療や癒しと関わりが深く、この世に治癒をもたらすことを目的とし、苦しみを抱えている人、癒しを求めている人のもとに駆け付け、援助の手を差し出します。27星宿の最初のナクシャトラであり、原初的なエネルギーが動き出すかのフレッシュな気運が感じられるナクシャトラ、常に新しいことへと向かう若々しい気質を持ちます。

この新月は両隣の水星&金星という吉星に挟まれており、スパーカルタリヨーガです。太陽は牡羊座の高揚点に近く、牡羊座の支配星の火星のアスペクトも受けており、新たな動きが生じ、何かしら新たな流れが生じてきそうな予感がある新月です。

緊急事態宣言が出されてから約一か月、そろそろ自粛疲れが出てきそうな、動きたい気持ちが昂ってきそうな時期ですが、ここはぐっとその気持ちを堪えて引き続き、Stay Homeでいきましょう。

この新月図のラグナは蟹座ですので、この新月は10室、天空のハウスで起きる新月です。今こそ強い結束力を持ってコロナに立ち向かって行きましょう。

4月25日に水星が減衰する魚座を抜け牡羊座へ、そして5月5日には火星が水瓶座へ移動し、土星&火星の凶星どうしのコンビネーションが解消されますので、少しは良い方向へと向かいそう。期待と希望を込めて…

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

April 08, 2020

不安や疑念、恐れを抱えながら輝く乙女座の満月

2020年4月8日11時35分、乙女座にて満月です。

20200408fm
満月図

乙女座の満月、スーパームーンなんですね。ナクシャトラはチトラー、シンボルは輝く宝石、特に真珠をあらわします。エレガントで洗練されていて、創造性や芸術的才能、高いセンスを持つナクシャトラです。

このナクシャトラの支配星は火星、 鍛錬を繰り返すことでより良いものへと昇華させていく力を持ちます。

先月の獅子座満月に続き、この満月の両隣に星がないので、ケーマドルマヨーガであります。孤独や独自の道を突き進むといった意味合いのあるヨーガ、コロナの影響で引き続きテレワークをしている方、多いのでしょうね。いつもはオフィスで同僚や上司とともに仕事していて、たまには電話が鳴ってという環境ですが、自宅ではやはり違いますよね…

この満月図のラグナは蟹座になりますので月はラグナロード、魚座に入ったばかりの減衰水星&山羊座に入ったところの減衰木星からのアスペクトです。両方吉星だけど、ちょっと力が弱い。逆にラグナには減衰木星&定座の土星、高揚する火星がアスペクトしていて緊張感の高まりをあらわしています。

太陽は4月14日に牡羊座へ、牡羊座は太陽が高揚するサインなので徐々に平静を取り戻してくれるといいのですが…山羊座から火星がアスペクトするため、一時的にエネルギーレベルがポンと上がるかの勢いが出てきそう。
昨日は緊急事態宣言が出されましたが、私たち国民一人一人のモラルが問われる時であり、安倍首相のリーダーシップが試される時ともいえますね、この緊張状態をいかに乗り越えていくのか!?

私たちはとにかく不要不急の外出を控え、家で過ごすこと、ウィルスに感染しないように自分自身と身の回りを清潔に保つことですね。
下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

March 24, 2020

現実的な対処・対応を、魚座の新月~2020年ヒンドゥーニューイヤーチャート~

2020年3月24日18時29分、魚座にて新月です。

20200324nm新月図

魚座の新月です。この新月はヒンドゥーニューイヤーチャート、別名、チャイトラシュクラプラティパダ―といって、ヒンドゥー暦における新年図をあらわします。この日から2020年度が始まる、みたいな感じです。

ナクシャトラはウッタラバードラバダ―、 シンボルは水の中の蛇、豊かな生命力を持ち、人情味があって慈悲深いナクシャトラ。精神的な成長を目指し、真理を求める力、奉仕精神があります。社会的な活動においては、人々のために心からの真心で尽くすナクシャトラです。このナクシャトラの支配星は土星、この新月は、両隣に吉星である水星&金星に挟まれており、スパーカルタリヨーガが形成されています。

引き続きコロナの影響が収まらず…引きこもり状態にある方も多いのでしょうね。先が見えないという不安が蔓延している感がありますね。

この新月には土星のアスペクトがあるだけで、他の星からの影響はありません。土星も山羊座で力強い土星、しばしの我慢を要請しているかのアスペクト、土星支配のナクシャトラに土星がアスペクト、たいへん我慢強そうな、踏ん張っているかの新月ですね。

山羊座にはちょうど22日に火星が入ったばかり、火星は山羊座で高揚します。凶星だけど強いコンビネーション、耐え忍ぶ力、コツコツと今やれることに意識を集中していくこと、そんな重々しい現実に根差した山羊座の火星&土星です。30日にはこの山羊座に木星も入室します。山羊座の木星は減衰木星、凶星の力が拡大していく???

28日には金星が牡牛座へ、牡牛座の金星は定座で力強い、徐々に安定へと気持ちが収束していきそう。

ただ、気持ちだけでは…どうにもなりませんからね。

地に足付けて、有事に備えておくことも大事になってくる時ですね。何があっても慌てないで、冷静に対処できるよう心の準備と食料や日常品の備蓄をして日々を粛々と過ごしていきましょう。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

March 10, 2020

拭いきれない不安や恐れを抱えて孤高に輝く獅子座の満月

2020年3月10日2時48分、獅子座にて満月です。
20200310fm
満月図

獅子座の満月です。ナクシャトラはプールヴァパールグニ―、パールグニーは「果実」を意味します。シンボルはハンモック、休息と回復を象徴し、人生における楽しみや喜びを享受する楽観的な質を持つナクシャトラです。このナクシャトラの支配星は金星、この満月は、両隣に星がないので、ケーマドルマヨーガであります。

コロナの影響でテレワークをしている人も多いのでしょうね、一人で家で仕事するのもお気楽と言えるかもしれないけど、ふと寂しさを感じたりしてしまうかも。楽しみにしていたイベントが中止になったり、皆で集まるとか、食事するとかといった楽しいことから距離を置かざるを得ない…といった今の状況を象徴しているようですね。停滞感、先行きに対しての不安、色んな思惑から守りを加速しているのでしょうね。

ただ、焦らないことは大事かも。焦って先を急いでも自分だけが先に行けるわけはなく逆効果、空回りになりそうな…、こういう時こそ、瞑想したり、マントラを唱えたりといった心静かに過ごす時間を持つといいかもしれませんね。

この満月には逆行する水星が水瓶座からアスペクト、射手座から木星がアスペクト、吉星の影響しかないですから一日も早く収束して普段通りの日常が戻ることを祈るばかり。

満月図のラグナは射手座、ちょうどラグナの度数に火星がかなり緊密になっています。緊張や先行きに対しての不安、恐れ、そして拡大していきそうな木星が近い度数でコンジャンクト、この木星が加護を与えてくれるといいのだけど。

射手座から4室目の魚座には火星、土星がアスペクト、国土、日本ですね。緊張が引き続き続きそう。

3月14日に太陽が魚座へ、3月22日に火星が山羊座へ、山羊座には火星&土星という凶星が…火星は高揚する山羊座をトランジットしますので、勢いが増してきそうですが、二大凶星の影響で経済が心配です。

次回の新月は3月24日魚座での新月です。これはニューイヤーチャートであり、チャイトラシュクラプラティパダ―といって向こう一年の動向を観るのに使います。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

February 24, 2020

不安を外側へ、そして自分に向かう水瓶座シャタビシャーでの新月

2020年2月24日0時32分、水瓶座にて新月です。
20200224nm
新月図

水瓶座の新月です。ナクシャトラはシャタビシャー、水の神ヴァラナが支配し、シンボルは中が空の円、空間を外側と内側とに分離するもの。自分自身と他者や外界とを分離し、哲学的であり、洞察力に優れたナクシャトラ。高い精神性と純粋性を持ち、人々を深い精神世界へといざなうナクシャトラで起きる新月です。

この新月には逆行する水星が近づいてきています。水星&月のコンビネーションは敏感さ、水瓶座は風のサインであり、情報やトレンドなどをあらわします。様々な情報が飛び交い、敏感さを助長させているかの新月です。

シャタビシャーの支配星はラーフ、月に勢いをもたらすと同時に不安定に、衝動的であり、独自の思い込みを強めてしまいがちなところがあります。

この新月図のアセンダント(ラグナ)は蠍座ですので、この新月は4室、心の内側、深くを意味するハウスです。やはり見えない恐怖や不安が強調されそうな新月ですね。

新型コロナウィルスの恐怖から簡単に解放されないですよね、やっぱり不安です。見えないからこそいっそう不安が募るって感じがします。そんな中、自分自身と他者や外界とを区別して考えることがいっそう重要になってくるかもしれません。自分自身の免疫力を高め、ウィルスに打ち勝つ基礎体力をつけていくことがひとまずは大事なのでしょうね。

サイデリアル星の動きでは、金星が2月29日に牡羊座へ、水星の逆行は、3月10日まで。3月24日の次の新月、魚座新月図はヒンズーニューイヤーチャートといって新年図であり、向こう一年を読み解くチャートでもあります。ということで、この新月図は2019年度最後の新月図ということになります。

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

February 09, 2020

とらえようのない不安感を抱えながらも今を生きる蟹座アシュレーシャの満月

2020年2月9日16時34分、蟹座にて満月🌕です。

20200209fm
満月図

蟹座の満月、ナクシャトラはアシュレーシャです。
シンボルはドグロを巻いたヘビ、ヘビは欲望や神秘、隠されたもののシンボルです。
物事を深く掘り下げ、本質的なものを追求していくナクシャトラであり、集中力がありますので、我が道を突き進んでいく強さ、障害を乗り越えて目的を達成する力を持つ強くて深いナクシャトラで起きる満月です。

この満月図、両隣にはラーフ以外の惑星が在住しないのでケーマドルマヨガです。
射手座に入室したばかりの力強い火星がアスペクトしており、チャンドラマンガラヨーガです。
同時に対面の山羊座には定座でまたまた力強い土星がアスペクト、二大凶星によって傷ついた満月です。蟹座は月が支配するサインなので定座の満月、恐怖心や猜疑心に苛まれながらも我慢強そうな満月ですね。

新型コロナウイルスの恐怖が蔓延している中、社会不安や集合無意識上での不安、これからどうなるんだろうというとらえようのない不安感が蔓延しているようにも感じられる今日この頃の世相をあらわしているかのごとき満月ですね。

ただ、私たちはそれぞれの場所でやるべきことを淡々とこなしていくことしかできないし、手洗いやうがい、マスクなどで予防していくしかないのでしょうね。

温かくなっていくことで収束していくことを願うばかりです。

この満月図、ラグナも月と同じ蟹座、ますます祈りの力や癒しの波動がクローズアップされてきそうです。

サイデリアル星の動きでは、2月13日に太陽が水瓶座へ、水瓶座運行中の水星は2/17~3/10の間逆行します。

太陽&水星が水瓶座運行し、水星は逆行するということで情報が錯綜してしまいそうな予感もあり、本当のことが隠されているかもしれないけれど、情報ばかりを追うよりは現実を見て、今を力強く生きていくってことが大事だと思います✨

下記ヨガジャーナルオンラインにて「吉野まゆ インド占星術」新月・満月に更新中です。
ヨガジャーナルオンライン

より以前の記事一覧