Recent Trackbacks

March 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ハウス

May 12, 2017

日向と日陰があるから。

この間鑑定した際に聞かれたことにちょっとドキッとしたので、ちょっと考えてみたいと思います。

「いい点、才能はわかりました、では逆に私が持ってないもの、得られないものは?」

もちろん光が当たる場所があれば日陰となる箇所、日の目を見ない部分が出来るわけで、一人の人間がすべての人の幸せすべての人の不幸を独り占めするということはないので、両方を知ることは必要ですね。

インド占星術ではハウスの象意としてひとつ前のハウスはそのハウスの意味合いを失うハウスという考え方があります。

たとえば対人をあらわす7室のひとつ前は6室、6室は7室から見て12室目になるので、対人関係を失うハウス、つまり人と戦ったり、別れる、関わりを断つなどの意味合いがあるハウスです。7室支配星が6室支配星と絡むと喧嘩別れしやすい、離婚するかもと読みます。

ダルマハウスのとても強いハウスである9室は、仕事をあらわす10室から数えて12室目になり、仕事を失うハウスと言われます。9室は単独では幸運のハウスであり、最もラッキーなハウスといわれるのだけど…仕事にまい進するという点では妨げになるハウスなわけです。

9室に惑星が集中していたり、強い星が在住していたりすると学びにとってはとても助けになる、よき師に巡りあえ、学習を深めていく機会が与えられる人になるけど、あまり仕事が安定しない人というように読みます。理想を追いがちな人になり、現実的な力が弱くなります。

また、凶星、土星や火星やラーフ、ケートゥなどが2つ以上影響を及ぼすハウスも傷つきます。そのハウス絡みで問題が生じたり、トラブルに巻き込まれたりします。ただ、そのような事態に遭遇しても凶星の影響で頑張る力、乗り越える力、集中力も同時にもたらします。

色んな側面から考えていくこと、とらえていくことがインド占星術の醍醐味であり、難しいと感じる点でもありますね奥が深いですね。

June 07, 2016

ラグナ・ラグナロードとは?

ラグナというのはインド占星術特有の呼び名ですが、アセンダント、上昇宮のことです。
産まれた時に東の地平線上に位置する星座のことで、牡羊座~魚座までの12星座のいずれかとなります。

約2時間でラグナの星座は変わります。

だから、出生時間が分からない場合はラグナが特定できないことになり、ハウスが決められません。これはインド占星術で鑑定する場合かなり致命的です。

このラグナの星座を1室として、右回りに2室、3室と割り振っていきます。星座の境界線とハウスの境界線は一致します。

ラグナロードというのはラグナの支配星のこと、各星座ごとに支配星が決められています。

20160618
逆行火星が天秤座への図

このAs というのがラグナ、そしてその支配星がラグナロード。
この場合は、牡牛座ラグナ、ラグナロードは金星ということになります。

下記の12パターンとなります。

1.牡羊座ラグナ、ラグナロードは火星
2.牡牛座ラグナ、ラグナロードは金星
3.双子座ラグナ、ラグナロードは水星
4.蟹座ラグナ、ラグナロードは月
5.獅子座ラグナ、ラグナロードは太陽
6.乙女座ラグナ、ラグナロードは水星
7.天秤座ラグナ、ラグナロードは金星
8.蠍座ラグナ、ラグナロードは火星
9.射手座ラグナ、ラグナロードは木星
10.山羊座ラグナ、ラグナロードは土星
11.水瓶座ラグナ、ラグナロードは土星
12.魚座ラグナ、ラグナロードは木星

Sign_load_2
各星座・支配星の図

February 07, 2011

ラグナが強いって?

ラグナとは、1室であり、自分自身をあらわします。
身体や容貌、健康状態、バイタリティの高さ、生命力、パーソナリティなど。

ラグナが強い、とは、これらのことがよい状態にあるということであり、
体が頑丈で、生命力が高く、健康であり、周囲の評判もよく、肯定的なパーソナリティの持ち主という感じです。
何をなすにも体の健康がベースであると考えると、ラグナの強さというのは人生全般の強さを決めるといってもよい大切な要素です

では、具体的にラグナが強いホロスコープとはどういったものなのでしょうか?

ラグナに吉星(木星・金星・水星・月など)が在住している。
ラグナに吉星からのアスペクトがある。

ラグナに在住する惑星が強い。
ラグナにアスペクトする惑星が強い。
(強いポイント1:高揚、ムーラトリコーナ、定座、友好星座に在住)
(強いポイント2:よいハウス:ケンドラ[1.4.7.10室]、トリコーナ[1.5.9室]を支配している)

ラグナの支配星がよいハウスに在住する。
(よいハウス:ケンドラ[1.4.7.10室]、トリコーナ[1.5.9室])
ラグナの支配星が強い。
(強い:高揚、ムーラトリコーナ、定座、友好星座など)
ラグナの支配星が吉星とコンジャンクトする。
ラグナの支配星が吉星からのアスペクトを受ける。

また、1室のカラカは太陽ですので、太陽の強さも大切です。

太陽が強い、とは、
ケンドラ、トリコーナに在住。
高揚、ムーラトリコーナ、定座、友好星座に在住。
方角の強さ:10室に在住。
吉星とコンジャンクト、吉星からのアスペクトなど。

では、傷つく、とは?

ラグナに凶星(火星・土星・ラーフ・ケートゥなど)が在住している。
ラグナに凶星からのアスペクトがある。

ラグナに吉星が在住しない。
ラグナに吉星からのアスペクトがない。

ラグナに在住する惑星が弱い。
ラグナにアスペクトする惑星が弱い。
(弱いポイント1:敵対星座、減衰、逆行など)
(弱いポイント2:ドシュタナ[6.8.12室]を支配している)

ラグナの支配星がよくないハウスに在住する。
(よくないハウス:ドシュタナ[6.8.12室])
ラグナの支配星が弱い。(弱い:敵対星座、減衰など)
ラグナの支配星が凶星とコンジャンクトする。
ラグナの支配星が凶星からのアスペクトを受ける。

また、1室のカラカの太陽が弱いと傷つきます。減衰していたり、敵対星座に在住しているなど。

あと、ラグナの度数がムリチュヴァーギャの度数にある、とか、ラグナがガンダーンタ(水の星座と火の星座の境界付近)にあるとラグナが傷つきます。

そして、ラグナの両隣の12室と2室に凶星が在住していてラグナが凶星に挟まれてしまうとパーパカルタリヨーガになり…健康にはよくないです。

ラグナだけじゃなくって他のハウスの強さを検討する際も同じように考えるといいと思います。